離婚で慰謝料を確実に取れるコツ|泣き寝入りしなくてもいい

確実に取るためのコツ

スーツ

取りっぱぐれないために

相手に一方的に非があって離婚する場合などに慰謝料が発生しますが、それでも相手にしてみれば自分が悪くても「別れる相手になどビタ一文払いたくない」というのが本音です。そのため本人同士で話し合うと、どうしても感情的になってしまい、取れる慰謝料も取れなくなってしまうので、弁護士などの第三者を挟んで交渉を行うと良いでしょう。もし裁判に発展した場合には証拠が重要になってきます。そのためどんな細かい事でも詳細に日記やメモなどに残しておきましょう。一つ一つは証拠として弱くても、複数集まれば強力な証拠になることも多いです。そして話し合いがついたら、必ず文書に残します。口約束は厳禁です。支払いが滞っても相手の給料を差し押さえられるようにしておきたいところです。

届けは話がついてから

離婚するからと言って慰謝料が発生するとは限りません。例えば「性格の不一致」などどちらに非があるのかわからないような場合や、ダブル不倫など両方悪い場合などには慰謝料は発生しません。発生するのは先述した通り、一方に非がある場合で不倫、暴力、悪意の遺棄などが該当します。これらの場合一刻も早く離婚したいという思いから、まず離婚して慰謝料などの話はその後で、と考える人が意外と多いのですが、これはお勧めできません。というのも慰謝料の時効は離婚成立後3年なのですが、結局もめて3年以内に話し合いがつかなくて慰謝料を取れなくなる事が多いです。そのためお金に関することは離婚届けを出す前に話し合っておきましょう。ちなみに財産分与の時効はもっと短くて、離婚成立後2年です。

離婚になってしまう前に

法律書

夫婦関係は一度こじれてしまうと修復が難しいこともあります。話し合いやカウンセリングなどで修復できることもあります。しかし暴力などで被害を受けている場合などは、まず弁護士などに相談することが大切です。費用面で不安があっても法テラスなどの相談窓口があるので安心です。

More Detail

離婚で悩んだ時は

男性

埼玉県内には離婚問題に強い弁護士が多数存在します。弁護士が介入することによって、離婚時の慰謝料請求がスムーズになる可能性が高まります。また離婚調停の場合は、事前に冷静に弁護士と話し合いをしておくことによって、離婚調停がスムーズに進行する可能性が高まります。

More Detail

トラブルを迅速に解決する

男性

身近な法律問題に関する相談をしたいという場合には、弁護士だけではなく司法書士に相談をするいう方法もあります。また、できるだけ費用面を抑えたいと考えるのであれば、競合他社が軒を連ねる東京都内にある司法書士事務所から探すことをおすすめします。

More Detail